ビジネスピット株式会社の事例紹介

【地方に本社を持つ中小企業 D社様】

最終更新日:2017-11-08 14:34:21

本社は関西にあるのですが、取引先が東京都内にも多く商談で訪れることが多いので、ゆくゆくは事業拡大をし東京にも支店登記をしたいと思っていますが現状はコスト的に厳しいためバーチャルオフィスの利用を選択しました。 オフィスを借りないまでも、レンタルオフィスではどうか?という案もあったのですが営業マンは本社から出張するため、常駐することがないのにレンタルオフィスではちょっともったいないなと思ったのです。 ◇ 商談スペースや会議室を利用して打ち合わせもしますが渋谷駅からの場所もわかりやすいし入口に会社名のプレートも出しているので、お客さんからも迷ったといわれたことがないです。 受付対応もあって無料で使えるドリンクサーバーもあるので言うことなしです。 短時間ならフリーデスクで事務作業も可能ですから打ち合わせ後に電源のある場所を探してウロウロするようなこともないのは、本当に助かるんです。 会議室も予約システムで空き状況や予約が完結しているので移動中に出張中の予定を入れることも出来たり最初はバーチャルオフィスってどうなんだろう?と半信半疑でしたが、今ではフル活用ですよ。 ◇ 営業用の資料を置いておくためにロッカーも借りているので重たいパンフレット類などは本社から送って、普段はビジネスピットで借りているロッカーに入れてあります。 出張の際に荷物も減らせて常に持ち運ぶ必要がないのもいいですよ。 ◇ バーチャルオフィスというと、まだまだ「大丈夫なの?」なんていわれることもあるのですが固定費が圧迫して営業費用や販促費用に影響が出るのでは本末転倒ですからね。 中小企業こそ、もっとこのようなオフィスサービスは活用してくべきだと思います。

この投稿に関するお問い合わせ先